医療分野への参入

ホーム > 医療分野への参入

弊社の長年の技術での医療分野への参入

弊社は前会社を含め約50年近く丸刃製造(ポンチ)をしており、「刃付け・研磨」の技術には自信を持っております。この技術を活かし、平成22年からは「医療用刃物製造」を開始し、現在納めている企業に部材供給として「ドレナージ用穿刺針」を納めております。
また、ドレナージ用穿刺針の製造をしていく過程で、コストダウン・大量生産の問題を解決するため、「モノづくり製品開発支援」の認定を受け、「埼玉県産業技術総合センター様」の技術指導の下、「電解研磨装置」の開発に努めました。その後、使用される患者様の目線に立ち、現在の流通製品よりも、「低侵襲性を考え、身体に負担をかけないための切れ味の向上した製品」・「使用後(貫通後)の切り口を小さくするための製品」を開発しました。「すくい面・4面・6面」

弊社の穿刺針の特長

刃付け・研磨

切れ味が良く、貫通時の身体にかかる負担を少なくし、低侵襲性に優れている製品の提供。(埼玉県産業技術総合センター様にて穿刺力比較検査実施。※データについては弊社にお問い合わせください。)

電解研磨装置
  • 鏡面加工仕上がりでの提供(見た目の向上)
  • コストダウンでの提供。
身体に優しい穿刺針の開発(埼玉県産業技術総合センター様協力のもと)
  • 4面、6面穿刺針➡現在流通している穿刺針(主に、刃面が2面や3面製品)の貫通後の切り口よりも、小さい切り口で貫通することができる製品。(T型や人型を一直線型にすることができ切り口を小さくする製品に改良)
  • すくい面➡刃先の面にすくいの加工を施すことにより切れ味を向上させ、身体の貫通時に負担を軽減する製品。(低侵襲性)

>詳しい詳細は、製品紹介へ

手作業での作業
拡大鏡による目視検査

切れ味をよくするために、1本ずつ丁寧に刃付けをおこない、また、拡大鏡により1本ずつ先端曲りがないかを目視検査の実施。

医療用穿刺針製品紹介はこちら

ページの先頭へ戻る